書籍・雑誌

2016年2月 3日 (水)

アトピーの少年の物語

みなさんに、是非読んでほしい小説の紹介です。

紹介といっても、他人の書いた小説ではありません。
私が書いたものです。

また、本という媒体にはなっていません。
エブリスタという小説投稿サイトで読めます。
無料です↓。
http://estar.jp/.pc/_novel_toc?p=1&page=1&w=23755084&ws=0

Ichigo

題名は「いちご大福」です。

スマートフォンで読む場合は、アプリ(無料)を入れてもらった方がブラウザで読むより読みやすいと思います。
アプリは「エブリスタ」で検索してください。
「小説・コミックE★エブリスタ」です。
アプリで読む場合は、アプリ起動後、「いちご大福」で検索してください。
「いちご大福」という小説はいくつかあります
作者が「天希結士」を選択してださい。
本棚に入れておくと便利です。

内容について少し触れておきます。

標題にあるように、アトピーの少年の物語です。
これだけ聞いてしまうと、
「アトピーの症状の悲惨なシーンがありそう」
「医療問題に切り込んだ社会的な内容で重そう」
などと思われるかもしれませんが、物語は少年の恋心、友情、成長が軸になっています。
コメディタッチで読みやすくしたつもりです。
スポーツシーン(ボクシングとソフトボール)も多いです。
(苦手な人もいるのかもしれませんが…)

もちろん、多少?(やっぱり多いかも)アトピーのシーンもあります。
それとと言うか、やはりと言うか、現在のアトピー治療についての問題点も主人公の親友に話させています。
ただ、脱ステをした私の非ステロイドの立場ではなく、できる限りリベラルな視点から、述べさせたつもりです(と言ってもバイアスがかかっていないとは言い切れませんが)。
そう言うこともあって、まずは、アトピーの方、アトピーの子供を持つ方に読んでほしいと思っています。
少しでも、生きる糧に、勇気に、気休めになればと思って書きました。

もちろん、その他の方にも是非是非読んでほしいと思っています。


以下は、エブリスタに載せている作品説明です。

何のとりえもない、人生の目標も見出だせない、ダメな、と言うより、むしろ、どこにでもいるごく普通のユウという高校二年の少年がいた。

だが、普通だったのは高一のはじめ頃までだった。
ユウはアトピーが原因で高二の終わり頃には学校もほとんど通えなくなっていた。
アトピー、それはガンや心臓病のように、命にかかわる病気ではない。
見た目が悪く、気味悪がられたり、気の毒がられたりしても、本当の苦しみは理解され難かった。
ユウは他人には理解されない苦しみに耐える日々を過ごした。
そして、ユウの歩みは止まっていた。

そんなユウにも、小学校からの親友がいた。
天才、眉目秀麗、スポーツ万能、信望の厚い高校のスーパースターのテル。
豪快、傍若無人、ボクシング高校チャンピオンのシュウ。

そして、二人と幼なじみのヒロ。

事ある毎にユウに因縁をふっかけるタカシ。

ユウはヒロに密かに思いをよせていた。
しかし、テルとヒロは高校で常に噂が流れるお似合いの二人だった。
タカシもまたヒロに気があった。

ある日、ユウとシュウに起こった異変がユウを歩かざるを得ない状況へと導く。

ユウはシュウのために、シュウとテルはユウのために…

そして、ヒロはいちご大福を…

ユウはシュウとの約束に、タカシとの因縁に、ヒロへの思いにケリをつけることが…

 

一人でも多くの人に見てもらいたいのでブログランキングに参加しました。

応援してくれる方は1クリックしてください。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

  • 応援してくださる方は気がついたときにで結構なのでクリックお願いします(有効なのは一日一回までです)。

     

    人気ブログランキングへ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ステロイドの使用を悩む人に見てほしいサイト

無料ブログはココログ