« 経過その2(転機~脱ステロイド) | トップページ | 韓国出張とはじめての苦しみ(その1) »

2009年8月 7日 (金)

経過その3(脱アズノール~ほぼ完治へ)

2004年頃には不眠の症状も出だします。

今まではかゆくて眠れなかった時はありましたが、今回のは目がさえてしまって眠れないのです。

この不眠は2008年頃までつづきます。

2005年、ワセリンが良くないことをインターネットで発見します(※アズノールはワセリンに抗炎症作用などを持つ成分が入ったものだそうです)。

もちろん、その情報が正しいと言う保証はないのですが、なかなか治らない現象と合致します。

打開するためには脱アズノールをするしかありません。

このころからは自律神経が正しく動作していないとしか思えない症状が出てきます。

不眠もそうですが体温調節もそうです。

暑がりでしたが、この夏に半袖を着ることはありませんでした。

次の年だったかもしれませんが、汗が止まらなくなる経験もしました。

1時間くらい汗がだらだらとまらずシャツがびしょびしょになりました。

脱ステロイド初期のころとは少し違う汁が、身体から良く出るようになります。

比較的さらさらとしていて、少し黄色がかっていました。

出る時期と出ない時期が交互にきて、しばらくこの症状に悩まされます。

その他は、かゆみと粉(皮膚のはがれたもの)と掻き傷に悩まされました。

見た目では眉毛がない時期が多く、人相も悪くなるので困りました。

でもいろいろな人に出会い、励まされ、助けられ、徐々に回復に向かいます。

2009年3月末にとうとう汁が止まります。

これからも出ないとは限りませんが、この頃から皮膚の状態も劇的に改善します。

眉毛もボーボーになっています。

脱ステロイドをしてからこの3月末まで血を見ない日はありませんでした。

掻き傷により爪や衣服には必ず血がついていました。

今は血を見るのはほとんどなくなりました。

まだ100%回復とは言えないかもしれませんが、ほぼ完治と言って良いような気がします。

少なくとも脱ステロイド、脱アズノールは完了しているかもしれません。

本来のアトピーの症状は季節や環境などによって出るかもしれませんが…

 

脱ステロイドから現在の快適な状態まで約8年かかっています。

いろいろな体験談と比較すると、私の場合、治癒にかかる時間は遅かったようです。

アズノール(ワセリン)を使わなければもっと早く回復できたと思っています。

 

そのあたりも含め、今後、闘病の詳細をこのブログにアップしていく予定です。

(全然関係ない話も含まれますがご容赦ください)

 

※症状については間違いはないと思いますが、時期については若干誤りがあるかも知れません。あらかじめ、お断りしておきます。

一人でも多くの人に見てもらいたいのでブログランキングに参加しました。

応援してくれる方は1クリックしてください。

人気ブログランキングへ

 

« 経過その2(転機~脱ステロイド) | トップページ | 韓国出張とはじめての苦しみ(その1) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経過その3(脱アズノール~ほぼ完治へ):

« 経過その2(転機~脱ステロイド) | トップページ | 韓国出張とはじめての苦しみ(その1) »

人気ブログランキング

  • 応援してくださる方は気がついたときにで結構なのでクリックお願いします(有効なのは一日一回までです)。

     

    人気ブログランキングへ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ステロイドの使用を悩む人に見てほしいサイト

無料ブログはココログ